車の売却を検討中の方、売却方法の選択は正しくできていますか?

売却の基礎としてまずお伝えしたいのは売却方法です。売却方法が買取や下取りだけだと思っていませんか?

車の売却方法は大きく4つあり、どれを選ぶべきかは車両の状態や目的によって決めるべきです。

売却方法は異なる方法が4つありますが、売却時に踏む手順や準備する書類は基本的に変わりません。これから売却を行う上で損をしないためにも手順や書類については知っておくべき知識です。

この記事では車の売却を行う基礎から得するための売却に関する知識をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

1:まずはここから!4つの売却方法を把握してこう

車を売却する方法は大きく次の4つがあります。

  • 買取
  • 下取り
  • 個人間売買
  • オークション

特に買取と下取りを一緒だと勘違いしている人が多くいますが、この両者は全然内容が違います。高額売却を狙うなら「買取」、乗り換えなら「下取り」を選びましょう。この理由についてはこの章で詳しく解説しますのでご覧ください。基本的に買取か下取りとして売却をすることをお勧めします。個人間売買とオークションがそこまでおすすめできない理由についても触れながら解説します。

1-1:買取

中古車買取を行う業者で売却する方法が「買取」です。買取最大のメリットは、売却価格が高くなりやすいということ。傷ついていても、廃車寸前の車でも値段をつけて買取をしてくれます。「もうこの車売れないだろう…」と諦めないでください!

一番シンプルな仕組みで、高額売却ができる方法だと覚えておきましょう。

1-2:下取り

買取と一緒だと勘違いしている方が多い「下取り」は、ディーラーで乗り換えを検討するときに利用できる売却方法です。下取り最大のメリットは、次の購入した車が納車されるまで車を引き渡さなくていいこと。普段の生活で車が必要不可欠である方多くいると思います。

下取りは実質売却と言えますが売却金額を現金で受け取れるわけではなく、次の購入する車の購入代金に充てられます。車の購入代金の一部と相殺とイメージしてください。

1-3:個人間売買

その名の通り業者を挟まず、個人同士で売買を行う売却方法です。

一見高く売却できそうですが、購入する側もある程度相場を調べて、少しでも安く値切ってくることは目に見えています。車の売買では売買契約を強制的に結ぶ必要がありません。こうなれば、個人間売買の場合契約書なしで話が進むため、取引後のトラブルが後を絶えないという事実もあります。

友人や知り合いの間でいい話が生まれても、できれば避けるべき売買方法でしょう。もしこの方法で売却をするのであれば、売買契約書を自分で作成して取り決め内容を記しておきましょう。

1-4:オークション

ヤフオクで車が売買されていること知っていますか?実はオークション形式のサイトやアプリが普及してきた近年では、車もオークションに出品、購入ができるようになりました。

オークションといえば入札されるとどんどん値段が高くなる仕組みです。「これは高く売れそうだな!」と思いそうですが、実際にはそこまで高く売れません。個人間売買と同じで、購入者はできるだけ安く購入しようと考えています。売却側と購入側のちょうどいい案配が決まるのは難しいのです。

また、オークションは入札がなければ売却は進みませんし、ずっと購入されないケースも多々あります。急ぎで売却をしたい方はオークションには向いていないでしょう。オークションサイトによって変わりますが、8〜10%落札価格から手数料が取られます。こうなると意外と高く売却ができないのです。

2:売却までの流れを解説!スムーズな売却を実現しよう

車の売却は大きく次の通りです。

  1. 「売却方法を決める」
  2. 「売却手続きをする」
  3. 「売却に必要な書類を集める」
  4. 「売買契約を交わす」※必須ではない
  5. 「車を引き渡す」
  6. 「売却金額を受け取る」

前章で売却方法を4つ紹介つしましたが、どの売却方法を選んだとしても大きくはこの流れで車の売却が進みます。この流れを見てわかる通り、即日や1週間程度では車の売却はできないことがわかります。

即日で売却も実際には可能ですが、売却価格で損をしたり、何かしらでよくない影響が出たりします。余裕を持って車の売却は行いましょう。

3:車の売却に必要な書類一覧!

下記の表の通り、車を売却する際に必要になる書類があります。

普通車

軽自動車

車検証

車検証

自動車税納税証明書 軽自動車税納税証明書
自賠責保険証明書

自賠責保険証明書

自動車リサイクル券(預託済の場合)

自動車リサイクル券(預託済の場合)

印鑑(実印)

印鑑(認印)
印鑑証明書(3ヶ月以内)

自動車検査証記入申請書

委任状
譲渡証明書

前章でも少し触れましたが、売却を行う上で必要書類があります。これらのうちどれか1つでも欠けていると売却手続きがストップしてしまうので、早めの段階で揃えておくようにしましょう。

普通車と軽自動車では必要な書類が若干異なります。あなたの売却する車に当てはまる書類を準備してください。

まとめ

車の売却について基礎から詳しくお伝えしてきました。

売却方法はあなたの状況によって決めてください。基本的には「買取」もしくは「下取り」を選ぶことがベストな選択と言えます。

個人間売買かオークションは、純正以外のオプションを備えていたり、カスタマイズをしている車だったり買取や下取りで評価されづらい査定ポイントを携えている場合のみ利用してみてください。

最後に買取を利用して売却を行うのであれば、カーセンサーが提供する一括査定サービスをおすすめします。一括査定を利用することでより高額売却を簡単に実現させることが可能です。

一括査定については下記ページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【車一括査定】とは?仕組みからおすすめサイトまで5分で解説