「車を少しでも高く売りたい!」

高額売却を狙う上で、複数の車買取業者の相見積り、そして比較をすることがとても大切です。

しかし、実際に複数の車買取業者に何度も連絡をとって、足を運んで見積りをとる、となると手間も時間もかかり大変です。

そこで高額売却を目指すのなら、注目してほしいのが「一括査定」です。

一括査定とは、売りたい車の情報と個人情報を1つのフォームに入力するだけで、提携している複数の買取業者に査定の申込みができるサービスになります。
一括査定最大のメリットは、依頼した複数の車買取業者の見積り金額を比較することができること。比較ができるので1番高い査定価格を提示してくれる買取業者を簡単に見つけることができます。

車を少しでも高く売りたいと思うなら、ぜひ活用してほしいおすすめのサービスです。

1:『一括査定とは?』一括査定の仕組み

一括査定がどういった仕組みなのか…

一括査定は、サイト上に用意されているフォームから車両の情報、そして個人情報を入力するだけで、複数の提携している複数の買取業者へ一括して査定の申し込みをすることができる優れたサービスです。

記事冒頭でもお伝えしましたが、複数の買取業者で査定をしてもらい相見積りをすることが高額売却のキーポイントになります。ただ、これを一括査定を利用せずに自分の足で買取業者を回って見積りを集めるほど、手間がかかることはありません。

こう考えた時一括査定はやはり便利なサービスであり、高額売却への鍵なのです。

1-1:一括査定は利用料金が一切発生しない

一括査定では、サイトに入力された個人情報と車両情報を、サイトの運営会社と提携している車買取業者に情報提供することで収益を上げています

ですので、私たち売却側のユーザーは一括査定を利用することで、何かしらの料金が発生することはありません。
これまた大きなメリットですよね!

2:一括査定を使う3つのデメリット

ここまででは一括査定を利用することはいいことしかない。というような雰囲気でお伝えしてきました。しかし、実際にはデメリットも多々あります。この章で紹介する4つのデメリットは知らなければ、一括査定のことを嫌いになる可能性も考えられます(笑)

一括査定について少しでも興味がある方は必ず良いところだけでなく、この章で紹介するデメリットも把握しておきましょう。

デメリット1:営業電話がしつこい

一括査定サービスに申込みをすると、ものの数秒で大量に買取業者から電話がかかってきます。

申込み後に一括査定サービスのサイトに登録している車買取業者各社から連絡がきて、やり取りをしなければならないということを考慮して、自分で対応できそうな業者数に絞って依頼することも覚えておきましょう。

「電話がしつこい」の度合いですが、これは想像以上で、迷惑電話と言えるほど、鬼の電話がかかってきます。

デメリット2:複数の買取業者と連絡を取る必要がある

一括査定サービスを利用すると、確かに査定の依頼は1回で済んで、申込みの手間は最小限で済みますが、これはあくまでも提携の買取業者への申込みを代行しているだけです。

つまり、申込み後の査定の日時や場所、査定時の交渉などは、自分自身で車買取業者各社とやり取りをする必要があるということです。

また、複数の車買取業者から査定額の提示を受けて、相見積もりをとるためには、車買取業者ごとに査定を行う必要があり、その都度立ち合いもしなければいけません。

何社に見積りをお願いするのかにもよりますが、それぞれの車買取業者との連絡の手間だけでなく、時間的な拘束もかなりのものになってしまうため、査定の立ち合いだけで土日が潰れてしまうといったことも少なくないです。

ただ、高額売却を実現するためにはこの手間はどうしても避けられないものでもあります。

デメリット3:地域によっては複数社へ査定依頼ができない可能性がある

住んでいる地域によっては、一括査定を申し込んでも複数社の査定をしてもらえないことがあります

こうなってしまうと、せっかく一括査定サービスを利用しているのにメリットがなくなってしまいます。

より、登録買取業者数の多い、一括査定サービスサイトを利用するしか対処方法はないですが、それでもどうしても複数社の対応が難しい地域もあります。

一般的に査定の出張費用は無料の場合がほとんどではあります。

しかし、遠方の車買取業者で査定の依頼をする場合、出張費用を請求されたり、買取をお願いすると、車の引き渡しに別途陸送費がかかるケースもあります。

そうなってしまうと、一括査定を諦めざるを得ないということも出てくるかもしれません。

これらの費用に関することは後々トラブルになりやすいので事前に確認しておくことをおすすめします。

3:車一括査定サイトランキングTOP3

これまで一括査定とサービスの名称で紹介してきましたが、全ての一括査定がおすすめではありません。

ずばりおすすめしたいナンバーワンの一括査定サイトは「カーセンサー 」です。

この章ではおすすめの一括査定サイトを3つ紹介しますが、正直カーセンサーに勝る一括査定サイトはありません。もし一括査定サイト選びで迷ったらカーセンサーをぜひ利用してみてください!

それではランキング形式でおすすめの一括査定サイトを紹介していきます。

1位:圧倒的サービス「カーセンサー」

カーセンサー

  • 査定数:最大30社
  • 提携買取業者:1,500社以上
  • 概算見積り:あり
  • メールでの対応:あり

カーセンサーは誰もが知る中古車情報サイトです。中古車購入を検討したときに、車種で検索すると多くの場合「カーセンサー 」が出す情報がヒットします。

こういった点からカーセンサーは中古車販売サイトのイメージをお持ちの方も多いでしょうが、実は購入だけでなく売却を考えるユーザーへもとても魅力的なサービスを提供しているのです。これから車の売却を検討している方は迷わずカーセンサーを利用してみてください!

2位:楽天ポイントがもらえる!「楽天Car」

楽天愛車一括査定
  • 査定数:最大10社
  • 提携買取業者:100社以上
  • 概算見積り:なし
  • メールでの対応:なし

楽天Carは、楽天会員で車の売却を考えているのならおすすめのサイトです。

楽天会員のみですが下記2つのタイミングで楽天ポイントを受け取ることができます。
  • 申し込み時に5ポイント
  • 売却成約時に1,500ポイント

査定数や提携買取業者数といったポイントで目を引く内容は正直薄いですが、楽天が本気で運営していることからこれから期待できる要素が多いので今回2番目におすすめしたい一括査定サイトと紹介しました。

3位:「ズバット車買取比較」な隠れ優良サイト

ズバット車買取比較
  • 査定数:最大10社
  • 提携買取業者:220社以上
  • 概算見積り:あり
  • メールでの対応:なし

「ズバット車買取」は10年を超える運営実績があり、提携業者数も200社と比較的多く、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、カーセンサー の次におすすめしたい一括査定サイトです。

4:【4ステップで完了】一括査定の利用は超簡単!

一括査定でも通常の査定でも、売却までの流れは大きく変わりません。

大まかな流れとして4つに分けることができ、全体でおよそ1~2週間ほどかかるのが一般的です。

STEP1:申込みをする

売りたい車の情報(車種・モデル・年式・走行距離など)と連絡先などの個人情報を入力します。

車種や年式については、覚えていない場合、車検証の型式や登録年で確認することができます。

また、エンジンルーム内やその近辺に貼られているコーションプレートでも確認可能です。

グレードに関しては、車検証・コーションプレートのどちらにも記載されていないため、車検証の車台番号を控えて、各メーカーのサイトで検索をすると出てきます。

一括査定サイトと提携している車買取業者の中から査定を依頼できる車買取業者の一部、あるいは査定依頼をしたい車買取業者を複数選択して一括で申込みをします。

ここで注意してほしいのが、査定の申込みを依頼する業者の数です。

サイトが提携している車買取業者の数に関わらず、1回で査定の申込みができるのはだいたい10社~30社というのが一般的です。

しかし、申し込んだ業者の数だけ連絡がくるため、あまり多くの車買取業者に申込みをすると、対応にかなりの手間がかかることになります。

そのため、車買取業者の選択ができるかどうか、どのくらいの査定依頼数になるのかは、申込みのボタンを押す前に確認しておきたいですね。

※申込み後、サイトによっては査定相場を確認することもできます。

ただし、中古車市場での実際の取引額に基づく参考金額のため、一部の車種に関しては、結果を確認できないこともあります。

STEP2:買取業者から連絡がくる

一括査定を利用すると、サイトに登録している車買取業者に車両情報と個人情報が通知されます。

そして、サイトから通知を受け取った車買取業者から、車の状態確認や段取りの案内、査定の日程についての連絡がきます。

STEP3:査定により見積り金額が提示される

査定の依頼をした車買取業者と電話でスケジュールを調整し、決まった日程で買取業者が自宅へ訪問査定をしてくれます。

基本的に一括査定サービスでは、査定士が自宅まで来てくれる出張査定が一般的で、全国に店舗があるようなチェーン店だと、最寄のお店で査定を行うことも可能で、見積りや査定に手数料がかかることはほとんどありません

査定が終わると、車買取業者側から見積金額が提示されます。

この金額に納得ができなければ、判断は保留として別の車買取業者の査定を受けて、比較することもできます。

仮に全ての車買取業者の提示した金額に納得がいかず、結果的に売却しないことになったとしても、キャンセル料や違約金がかかることは基本的にはないです。

STEP4:売却契約を結ぶ

複数の車買取業者から提示された見積もり金額やそれぞれの営業担当の対応などを総合的に検討し、売却先を決定して、売却契約を結びます。

書類準備や各種手続きを行い、車両の引き渡し、入金の確認が終了したら、車の売却手続きは完了です。

5:”よくある”トラブルと対処法

車の一括査定をメリットや利点がたくさんあることがわかり、逆にデメリットもあることがわかりました。

そこで次は車一括査定サイトを利用して起きるトラブルとその対処法について解説します。

細かく言えば、一括査定サイト利用時ではなく一括査定利用後のステップである買取業者とのやりとりの際にトラブルがおきます。それでは詳しく解説していきましょう。

5-1:押し切られて契約を結んでしまう

車買取業者の強引な営業に押し切られる。

このように納得のいかない契約を結んでしまうケースがよくあります。

また、強引に契約が結ばれたといったケースの場合、国民生活センターや住んでいる地域の消費生活センターに相談してください。

5-2:契約後に査定額が減額される

実は事故車だった。

故障していることが判明した。

など、契約後に車買取業者から連絡が入り、査定額を下げようとするトラブルがあります。

一括査定を依頼した側としては、「それだったら違う車買取業者に頼んでいたのに」と不満に思うこともあります。

中には、自社で契約を結ぶためにあえて高額な査定額を提示して、後からこのように指摘を意図的にしてくる車買取業者もゼロではありません。

不要なトラブルを避けるためにも、査定時には自分で認識している不具合や故障・キズ・へこみなどは自己申告をして、しっかり車買取業者に確認してもらうようにしましょう。

悪質な車買取業者に引っ掛からないためには、見積り金額の中で突出して高額な買取価格を提示してきた車買取業者にはその理由を聞き、そこに妥協性がなければ、そういった車買取業者は避けるのが無難です。

5-3:キャンセル料が発生する

二重契約を避けるためや、後から査定額を下げるなどして条件に合わなくなった場合にキャンセルをさせないようにするために高額なキャンセル料・違約金を請求されることがあります

キャンセル料や違約金については、費者契約法第9条1号で

「買取業者側に生じる平均的な損害額を超える部分については無効」

とさだめられています。

これは、買取業者はキャンセルによって生じる損害額以上の金額を請求することは基本的には難しいということです。

そのため、キャンセル料が高額すぎると感じたときには、車買取業者に内訳を見せてもらい、不必要な請求についてははっきり断るようにしましょう。

まとめ

車を売却する上で一括査定は今や欠かせないサービスとして多くの利用者が出てきています。

この記事で何度もお伝えしているので伝わっていると思いますが、高額売却を実現するのであれば複数の買取業者の見積りを比較することがとても重要です!

そこでとても重要な存在なのが「一括査定」になります。

一括査定の中でも「カーセンサー 」は特におすすめしたいサービスです。これから愛車の売却を検討している方はぜひカーセンサー の一括査定を利用して売却へ進めてみてください。